MENU

脱灰が原因の変色はホワイトニングで改善

いつもドーナツやケーキなどの甘いものばかりを食べていた私は、歯の色合いが茶色く変わってきた時には、チョコレートが原因で歯の色合いが変わったものと思い込んでいました。
しかし実際には脱灰と呼ばれる、食べ物に含まれる糖分が原因で、歯が溶けてしまう症状が起きていたようです。

 

その脱灰という症状が悪化してしまったせいで、歯の色合いがおかしくなっていたようで、クリニックで診察を受けてから直ぐにホワイトニング治療を開始してもらいました。
私はアルゴンレーザーと呼ばれるレーザーと、特殊な薬剤を組み合わせた治療を受けたのですが、歯茎にも負担が少なくて安心しています。

 

私の歯の治療を行ってくれたクリニックは、どれぐらいの歯の白さを目指しているのか、具体的に尋ねてくれたのも良かった点です。
あまりにも歯の色合いを白くしすぎてしまうと、それだけで歯の存在が目立ちやすくなってしまいます。

 

だからこそクリニックの先生が、私の口元に似合う歯の色合いをおすすめしてくれて、その色合いを私も気に入る事ができました
歯に薬剤を塗布する際にも、余計な部分に薬剤を塗ってしまわないように、細心の注意を払ってくれます。

 

これだけ患者の事を考えているクリニックだからこそ、私の周囲でも評判が良いクリニックなのだろうと感じられました。
脱灰による変色もホワイトニングのおかげで改善されており、これからは甘い食べ物を口にした後には、すぐに歯を磨いておこうと思います。